今回はSoftBankより販売されているSynchRoid(シンクロイド)を利用して乗換案内ロボットを作成してみました。

なおSynchRoidはBizroboのOEM製品なので物自体はBizroboと全く同じです。

このページはレスポンシブデザインで制作していますので、
手元のiPhoneやiPadでこちらを表示した上で
ご自身のPCで実際にロボットを作成して頂ければ理解が深まります。

また本ページ説明の疑問点はコメント頂ければ出来る範囲で回答致します。

ロボット概要

指定のExcelファイルに記載された出発駅、到着駅の名称をYahoo!路線情報に転記し、検索結果を書き戻すという作業を最終行まで繰り返すというものです▼

はじめに

今回使用するのは出発駅と到着駅の書かれたExcelファイルとDesign Studio、Start Management Consoleのソフトウェアです。

BizroboにはRobo Server settingsなど他のソフトウェアも含まれますが、今回利用するのは下記の2つのみです▼

利用するExcelファイル

sample.xlsxというファイルを利用します。
A列 出発駅
B列 到着駅
C列 料金

上記ヘッダーと共に、2行目~6行目のA、B列には任意の文字列が入力されています。

こちらのC列を埋めていくイメージです▼

Design Studioの起動

  1. 画面左下のWindowsマークのアイコンをクリックし、Kapow…を選択し、「Start Management Console」をダブルクリック▼
  2. Robo Serverという新規Windowが立ち上がるので「Successfully activated」の表記が出るまで30秒ほど待ちます▼
    Robo Serverが正しく立ち上がったのを確認して次のステップに進みます。
  3. 画面左下のWindowsマークのアイコンをクリックし、Kapow…を選択し、「Design Studio」をダブルクリック▼
  4. 無事立ち上がりました▼

新規プロジェクト作成

ここではロボットに関連するファイルの保存場所をしていします。

  1. メニューの「ファイル」から「新規作成プロジェクト」を選択してクリック▼
  2. プロジェクト名に「交通費検索」プロジェクトの場所にロボットを保存する場所を入力し、終了ボタンをクリック▼

新規タイプファイル作成

続いて変数の設定を行います。

変数の意味がわからない方は値を一時的に保管しておく箱のことだと考えて進めてください。

  1. 先ほど作成した「交通費検索」フォルダの上で右クリックし、「新規作成」→「タイプ…」をクリック▼
  2. ファイル名を入力の欄に「交通費検索.type」と入力し、「終了」ボタンをクリック▼
  3. 「+」をクリックし、名前欄に「出発駅」、タイプとデフォルト値で「ショートテキスト」を選択し、「OK」ボタンをクリック。
    同様の手順で「到着駅」「料金」を作成します▼
  4. タイプファイルが完成しました▼

新規ロボットファイルの作成

  1. 作成した「交通費検索」フォルダの上で右クリックし、「新規作成」→「ロボット…」をクリック▼
  2. ファイル名を入力欄に「交通費検索.robot」と入力し、「終了」をクリック▼

ロボットの動作設計

  1. 検索窓に「https://transit.yahoo.co.jp/」を入力し、Enterキーを押下▼
  2. 続いてSynchroid内でExcelファイルを開きます。
    「Load Page」の五角形の図形の上で右クリックし、「ステップを後に挿入」→「アクションステップ」を選択▼
  3. 「Select an Action」をクリックし、「ページ読込」をクリック▼
  4. URL欄にExcelファイルのフルパス(今回はC:\Users\miyoshiy201\Desktop\RPAツール\SynchRoid\デモ\交通費検索\sample.xlsx)を指定し、
    ロード先で「新しいウィンドウを開く」を選択、新しいウィンドウIDに「Excel」と入力します▼
  5. 「終了」をクリックし、対象のExcelファイルが開くことを確認します▼
  6. このままでは読込モードで開いている状態なので、編集が可能となるよう設定を変更します。
    右下の「Select Action」をクリックし、「変数として開く」→「新しいシンプルタイプの変数…」→「Excel(simple)」を選択▼
  7. グローバルにチェックを入れて「OK」ボタンを押下▼
  8. 「終了」をクリックしてExceファイルが開いていることを確認▼
  9. 続いてExcel内のループ処理を設定していきます。
    表示されたExcelの左上を右クリックし、「ループ」→「選択中の行をループ」→「最初の行を除外」を選択▼
  10. 続いてロボットにタイプファイルをセットします。
    右下の「+」をクリック▼
  11. 名前に「交通費検索」と入力し、タイプと初期/テスト値で「交通費検索」を選択し、「OK」をクリック▼
  12. 「出発駅」「到着駅」の値をタイプにセットします。
    「新宿」の上で右クリックし、「抽出」→「テキスト」→「交通費検索.出発駅」をクリック。
    ※同様に到着駅の値もセットします▼
  13. 右下にそれぞれ「新宿」「都庁前」が登録されていることを確認します▼
  14. 最初に開いたYahoo!路線情報のタブをクリックします▼
  15. 出発駅入力欄を右クリックし、緑の枠で囲われたのを確認した上で「変数からテキストを入力」→「交通費検索.出発駅」を選択▼
  16. 同様に到着駅もセットし、「検索」ボタンをダブルクリックします▼
  17. 「料金の安い順」をダブルクリック▼
  18. 金額の上で右クリックし、「抽出」→「テキスト」→「交通費検索.料金」を選択▼
  19. Excelシートへ戻ります。
    「excel – ExcelVariable」のタブをクリック▼
  20. 料金を入力するセルの上で右クリックし、「コンテンツ設定」をクリック▼
  21. コンテンツ欄の右にある「▼」を押下し、プルダウンの中から「変数」を選択▼
  22. コンテンツ欄に追加された「▲」をクリックし、プルダウンから「交通費検索.料金」を選択し「OK」をクリック▼
  23. Set Content of Cellの正方形の上で右クリックし、「ステップを後に挿入」→「アクションステップ」を選択▼
  24. 「Select an Action」をクリックし、プルダウンの中から「ファイルシステム」→「ファイル出力」を選択▼
  25. ファイル名にExcelファイルのフルパス(今回はC:\Users\miyoshiy201\Desktop\RPAツール\SynchRoid\デモ\交通費検索\sample.xlsx)を指定し、ファイルコンテンツで「excel」を選択▼
  26. 以上でロボットの開発は完了です。

ロボットの実行

  1. デバッグボタンを押下、またはCtrl+Dでデバッグモードに切り替え▼
  2. 実行ボタンを押下、もしくはF9でロボットの実行▼
  3. 右に表示されている「Summary」に値が入ればロボットの実行は完了です▼
  4. Excelファイルを開くと結果が出力されています▼

最後に

SynchRoidでのロボット開発、お疲れ様でした。

いかがでしたでしょうか。

ロボットの開発が比較的簡単と言われているBizroboですが、慣れている人間が作ればこの程度のロボットの場合、所要時間は20分程度。

構文を解析して作られたロボットですので99.9%正しく動作します。

SynchRoidの主な特徴は下記の通りです。

1.画面を見ながら直観的な操作が可能
2.ツール開発に必須なプログラミングスキルは最低限
3.バックグラウンドでの実行が可能

この中でも3つめにあげたバックグラウンドでの実行について、
一見するとロボットが途中どう稼働しているか確認することが出来ないのでデメリットに感じる方もいらっしゃいますが、
実際にはロボット稼働中も資料作成を行ったりメールを送信したり他の作業が出来るため、これらはメリットです。

バックグラウンド処理の逆でフォアグラウンド処理(ロボットの稼働中PCが乗っ取られたように動くもの)
というものがRPAでは一般的ですが、こちらの場合ロボットが増えてきた際に専用のPCを用意する必要があり、
ハード面での料金が別途必要になってきます。

そういった意味でもSynchRoidはスケールしようとした際にも非常に有効で、かつ
直観的な操作が可能なためエンドユーザー開発に適したソフトウェアであると考えました。

ご参考になれば幸いです。